消費者を騙す、いろいろな商法に注意

悪徳

【特定商取引法に関する注意喚起】

●若者を狙うアポイントメント商法は若者をターゲットに
→電話でイベントに招待、ビラで応募者全員にプレゼントなど

●錯誤に付け入る電話勧誘(資格教材や、名刺広告)
電話で、
「約束した母校応援の広告掲載についてですが、、、」
「この間契約された、資格取得口座を終了していませんね」。。。などの虚偽の電話

●開運商品の通信販売、除霊・祈祷サービス
話題沸騰中の奇跡の石、携帯用パワースポット
宝くじに高額当選、婚約成功、モテモテなど、

●親族や友人をターゲット(連鎖販売取引)
実際の友人から「いい話しがあるんだけど、、、」「お茶でも飲まない。。。」と誘われ商談を持ちかけられる

●複雑な利殖商法(CO2排出権、金地金など)
利息が年6%、郵便局や銀行と同じで、元本保証だから損しない、絶対儲かる、、、などの勧誘

●不必要なリフォームをすすめる工事業者
リフォームの際に起こるトラブル事例としてもっとも多いのは、訪問販売業者との契約の問題です。例えば、訪問の際に手付金を払ったが、そのまま連絡がとれなくなるケースや、その時に提示された金額を遥かに上回る金額を請求されるケースなどがあります。

対応策として大事なことは、まずは当日に契約を絶対にしないことです。仮に契約をしてしまった場合でも、クーリングオフ制度がありますが、トラブル解決までには時間も手間もかかってしまいますし、大事なお金が戻ってくる保証はありません。

築年数が古いマンションを狙って、「無料点検を順番に行っております」などの誘い文句で訪問し、今ならサービス価格でリフォームさせていただきますなどと営業を行う悪徳業者もありますのでご注意ください。リフォームを行う際は、適切な価格であるか確認することと、信頼できる業者選びが何より大切です。必ず複数の会社から相見積もりを取り、適切な相場かどうかを確認しすることと、自分の手でリフォーム業者についてインターネットなどで調べるようにしましょう。

便利屋は何でもできるので評価が高い

日本では様々な仕事が展開しているので非常に便利です。そういった仕事を見つけることで日常の面倒な作業を頼めます。特に便利屋はあらゆる仕事に対応しているので助かります。もし日常で困ったことがあれば便利屋に仕事を依頼すれば良いのです。便利屋の仕事の中で多いのが掃除に関する内容です。最近では時間がなくて掃除ができない人間が非常に多いです。便利屋はそういった仕事を引き受けて素早く目的を達成します。軽い気持ちで仕事を依頼してもしっかりと終えてくれるので頼りになります。

今の便利屋の評価は非常に高くなっているのが特徴です。その理由は、こういった仕事を必要にしているユーザーが増加しているためです。身近な作業をするために誰かの協力は必要なものです。そこで便利屋が力になることで問題も早く解決するのです。何でもできる仕事というものは非常に役に立ちます。掃除や家庭の仕事の手伝いなど便利屋の依頼内容は本当に幅広いです。また、こういった仕事は一定の価格で引き受けてくれるので分かりやすいです。料金が均一で仕事の幅が広いというのは便利屋のメリットの一つです。

今はインターネットの口コミでも便利屋が評価されることが多いです。それは仕事の充実と地域に密着して活躍しているためです。ユーザーは身近な仕事を評価することが多いので便利屋もそこに含まれています。これらの仕事はすぐに使えるイメージなので人々とも深く関わっています。実際に便利屋を頼むと作業の効率性に驚くことがあります。評価の中にもそういった部分を支持しているユーザーがいます。最近の便利屋はあらゆる作業に対して高いスキルがあるので使えます。もし日常で大変な事態に遭遇したら何でもできるプロを探すのが良いです。

 

便利屋さんは本当に便利でした

先日、車で2時間ほどの距離に住む祖母の家に頼まれた荷物を届けに行った時のことです。普段は訪れる人といえば、郵便屋さんか宅配業者、ご近所の方くらいの静かな祖母の家に人の気配があったのでそっと中を覗くと、若い男性の姿があって驚きました。家に入って祖母に聞いてみると、その男性は便利屋さんだそうで、電話でお願いしてきてもらったそうです。年齢が既に90歳近くになる祖母は、テレビを観るのが好きで一日中起きている時にはずっと付けたままにしているのですが、その時に電話一本で駆け付けてくれて大抵のことはしてくれる便利屋さんなるものの特集をみて、これいいなとひらめいたのだとか。

身内の者からするといちいち家の用事をするのに他人の手を借りてお金を払うのも気が引ける気がしますが、片道2時間の距離にある祖母の家に、廊下の高い位置にある電気が切れたからといって即座に駆けつけるわけにもいかず、次の休みまで待ってもらうことになるので仕方がないという面もあります。その日は、園芸業者に頼むと数万単位になるけれどそこまで大げさに手入れをしない程度に、伸びていた植物に少し鋏を入れる庭の手入れを少しと、家の中の収納スペースの奥から物を探して取り出す作業をしてもらっていたようです。

この後、作業を終わらせた便利屋さんと少しお話をする時間がありましたが、ごく普通の対応で色々と説明してくださってお値段も明朗会計だったので、思っていたような胡散臭いイメージはなくなりました。そちらの便利屋さんはHPもあるということでしたので帰宅後にアクセスしてみましたが、世の中いろんな職業があるものですね。日常のちょっとした手伝いからこんなことまで、と思うようなこともやってくださるようで、機会があったら利用するかもいいかもしれないと思いました。

京都市の便利屋 : 大工仕事、清掃、引越、各種代行OKの何でも屋!

 

活躍している便利屋さんガイド

最近、便利屋さんがとても活躍しています。便利屋さんがなぜ今の時代に求められるのか、どういった仕事内容なのか説明したいと思います。まず便利屋さんの仕事内容についてお話します。便利屋さんの仕事というのは基本的に決まっていません。生活するうえでのあらやることが仕事となります。

たとえば、家の壁のペンキを塗ることや、部屋の掃除、水道トラブルの改善、網戸の張り替え、ペットの散歩、引っ越しの手伝い、不用品回収、買い物、墓石の掃除、車での送り迎え、蜂の巣の除去、洗車などなど。このように便利屋の仕事というのは無数にあって、しかも決まっていません。非常にたくさんの業務があります。では、なぜこの便利屋さんが今、活躍しているのか。それは、日本が高齢化社会になってきて1人身のお年寄りが増えたこと、さらに人間関係が希薄になって頼る人があまりいないという人が多くなったからです。このような人たちにとって、まさに便利屋さんは生活の救世主となり助けてくれるので今の時代にマッチして大きな需要があるのです。

ちなみに便利屋さんになりたいと思ったら、基本的にはすぐになれます。店舗も基本的には自宅を事務所にして携帯電話で依頼を聞くことができます。また、いろいろな生活の助けになる仕事をしますが、専門職ではないですから資格や免許も必要なし、他業種に比べて少ない資金で開業することができるのです。これからの日本は、ますます超高齢化社会になり、核家族化も進むはずです。このような時代背景から、ますます便利屋さんが活躍していくはずです。もしも、便利屋さんという仕事に興味があるけどどうしたらいいかわからないという人は、便利屋さんのフランチャイズもあるので説明会などに参加してみることをお勧めします。

 

古い建物を改修することになりますがこのリノベーションの特徴として、自宅等の建物がもともと持っている性能以上に新たな付加価値を加えることができるようになります。こうして自宅等の建物を改修することにより、建物の用途の変更を行う場合に使われる場合があります。オフィスビルを改修して住宅用にするケースもあれば、住宅に店舗のスペースをつくるなどの用途の変更をする場合もあります。

建物の改修を行う事例として、新しい技術を取り入れた改修をする場合も多くあり新たに床暖房を取り入れることや断熱の効果が高い内装や壁に変えること等が挙げられます。この他に屋根にソーラーパネルを設置して、太陽光発電を導入する事例等もあります。

私の知ってる業者さんはリフォームなどもやってますが、ゴミの処分や引越、遺品整理などもやっています。リフォームするなら色々ゴミが出ますよね。例えばエアコンを入れ替えたら、そのゴミの処分とか大変ですよね。そんな面倒なことを全部やってくれるお店です。

 

不用品回収は、会社の大量な粗大ごみも多いです

一般家庭から出る不用品。基本は、リサイクルを義務づけした物意外(例外アリ)はトラックで営業しながら不用品回収車が訪問。無料引き取りをしてくれてイメージです。実は他にも、不用品回収の仕事は事業者に向けた内容もあります。TV等でも特集を組んで放送しています。日本の経済に大きな影響力があるのは、中小企業の存在です。景気に、非常に左右されやすい中小企業は残念ながら倒産も多いのが現実です。

営業所だけを構える商社でも、倒産に伴う大量の粗大ごみは発生します。リサイクルを主にする不用品回収業者は、事業所等で使える物か否かを判断してパック料金提案をする様です。時代のニーズに合った、まだ使える物もあります。買い取りも含まれる不用品回収を依頼した元経営者は、このパック料金が安くても納得しているみたいです。

ゴミと認識すると、更に処理料金が発生するのでリスクにしかならない為ですね…。いずれにしろ、心機一転の意味合いでも不用品回収は答えの1つに間違いありません。

 

断捨離の最終的な姿は都会暮らしのミニマリスト?

必要最低限で生活するスタイル…ミニマリスト。シンプルとは意味合いが違うみたいですね。女性で、ミニマリストと名乗る方は断捨離の成功者なのかも知れません。都会暮らしで、一般の会社務めなら可能だと感じます。必要な物は、少しの移動で手に入りやすいですよね?

一方、田舎暮らしの方は環境的にミニマリストに向いていないと思います。コンビニやスーパーが、家から離れている事は不利な条件になります。日常生活での車移動や食費の管理でコスト掛かり、保存も必要になりますね…。環境が、大きく影響するのがミニマリストと思ってしまいます。春夏秋冬で、田舎暮らしは気温の変動を身にしみて感じさせられます。

電車移動がメインで、通勤やショッピングでも変な温度差を体感しにくい都会暮らし。厚手のダウンコートや暖房器具に生活スペースを奪われない事も、ミニマリストには有利な条件です。カッコいいミニマリストは、田舎では中々お目にかかれない印象です。田舎暮らしのミニマリストに出会えたなら、コツを伝授して欲しいですね!

お恥ずかしい話ですが、私は家事が下手くそです。料理も微妙だし、選択は好きではありません。それに整理整頓は出来なくて、掃除はやる気がおきません…。なので旦那には愛想をつかされそうで、困ったものです。って、自分でなんとかやればいいんでしょうけど。そんなことを悩んでる日々だったのですが、ある人のブログで見つけちゃいました、便利な業者さん。それはズバリ何でも屋さんです。何でも低価格で作業してくれるので、名前の通り何でも屋。

力仕事とか、トイレとかの掃除とか、あんまりやりたくないことや、男手が無いと作業できないことはちょこっとお金をはらって業者さんにやってもらおうかと。困ったときの便利屋とはよく言ったものです。私の家はすごく汚いので掃除に3時間かかってしまいました。ゴミも山ほどでてしまいました。ゴミは業者さんが持って帰ってくれます。有料でしたけど(汗

まずは散らかってるゴミを片付け、私の希望通りに整理整頓してくれ、拭き掃除までやってくれました。トイレの便器裏とか、すごいことになっていたけど、さっぱりとキレイにしてくれました。キッチン周りもある程度キレイです。相当汚なかったので、3時間ではやりきれなかった感がありますが。ここまでやってくれてポッキリ1万円(少しおまけしてくれました)でした。